株式会社カケン   WEBサイトで活躍する ARAGO for Internet 講座

 「情報処理をするホームページ」を作成するには?

  (ページで処理するデーターベース言語 ARAGOI 入門講座)
お勤めの方、独立した方、SOHO、ホームページ制作事業者、商店、中小企業経営者のみなさん

「ホームページで見込み客を吸収できたら最高だね」とたいがいの方がおっしゃる。
そして、管理ページでも知り合った見込み客を自分で登録し、それらに対していっせいに情報発信
をすることで、ページを生かし、ご利用いただくお客様を増やしていきたいとおっしゃる。

その入口として、ホームページを進化させるIT技術で、ページに見込み客を吸収する手段を設置
し、管理ページで顧客化への実践手段を構築、売上実績の上がるページ制作の技術をマスターしま
せんか?

売上に貢献するページ制作のノウハウ技術をマスターしていただくことで、競争優位に立つことが
できます。

 当講座では、ARAGO for INTERNETを利用して上記を実現するスキルを身につけます。
 コツさえつかめば、自らの発想と問題意識を持つことで自然に実現の力が養われます。

今後、あなたのお仕事や、あなたの会社が生き残ることができるかどうかは、WEBを活用したI
T技術を活用して経営革新まで行うかどうかということにあります。
                                (執筆者:太田英輝事前準備
 ホームページ上でデータ処理をするデーターベース言語 ARAGO for Internet を学ぶにあたって、

1.WEBサーバーで ARAGO for Internet が機能するように準備されています。

2.当入門講座では、あなたが学ぶホームページの場所をあらかじめ
  http://www.kakenk.co.jp/arago/test/あなたの登録番号/ としました。
       例 あなたのご利用番号が『0001794』の場合
     http://www.kakenk.co.jp/arago/test/0001794/

  事前無料登録は http://www.kakenk.co.jp/hiroba/a33.html です。

3.受講に当たっては、事前無料登録後、
  メールで連絡 を下さい。
  当講座を受講するに当たって、この場所を利用していただくこととなります。

4.この利用場所へファイルをアップロードするには
  http://www.kakenk.co.jp/arago/kouza_a/main.prg?00
  にアクセスして「練習用アップロード・フォルダ」
  http://www.kakenk.co.jp/arago/kouza_a/main.prg?test
  又は
  http://www.kakenk.co.jp/arago/test/login.prg?0001794 ---あなたの登録番号に置き換える
  にアクセスすることで可能です。
  うまく行かない方は、
  メンバー入口 http://www.kakenk.co.jp/arago/kouza_a/login.prgからどうぞ。

5.実行するには http://www.kakenk.co.jp/arago/test/0001794/アップしたファイル名
                         ^^^^^^^^^^
                         ↑あなたの登録番号
  
6.入門コースが終了して、初級の段階であなた専用の場所を必要とされる場合はご相談
  下さい。 メール

講座内容スケジュール(多少変更されることがあります)   ・毎週火曜日発行(祝日と第5火曜日は休刊)
  第1回講座 ホームページ入力フォームよりデータベースへ情報を保存する (05.09.06予定)
sample_form.html --> appe.prg 
  第2回講座 蓄積されたデータ一覧をページに表示するプログラムの作成 (05.09.13予定)
--> k_list.prg 
  第3回講座 ホームページに個別データを表示するプログラムの作成 (05.09.20予定)
--> k_list.prgに追加 -->disp1.prg 
  第4回講座 データの修正・削除のプログラム作成 (05.09.27予定)
--> k_list.prg -->disp1.prgに追加->edit.prg->appe2.prg 
  第5回講座 データの並べ替えのプログラム (05.10.04)
メール順に一覧表示--> k_list-m.prg 
  第6回講座:プログラムの基本と目的実現用管理ページ (05.10.11)
ホームページ--> index.html から管理ページへログイン k_pass.prg 
  第7回講座 管理ページでなすべき事でなすべき事と検索プログラム (05.10.18)
管理ページ kanri.html とフリガナ検索 k_seek-f.html 
  第8回講座 データ検索結果複数存在の処理と見つからなかったときの新規登録 (05.10.25)
フリガナ検索結果の処理と新規登録 k_seek-f.prg 
  第9回講座 検索とそのデータを修正するプログラムの復習(メール検索で) (05.11.01)
メール検索結果の処理と新規登録 k_seek-m.prg 
  第10回講座 管理ページから同報メールを送信するプログラムの作成 (05.11.08)
メルマガ発信内容フォームと送信 mail_form.html->mailsousin.prg 
  第11回講座 お客様の二重登録防止ログラムの作成 (05.11.15)
appe.prg を改良する    appe.prg 
  第12回講座 登録者は自分自身の情報変更ログイン・新規登録と区別してみましょう。 (05.11.22)
index.html -->pass.prg -->edit2.prg -->appe3.prg
  第13回講座 本人がパスワード忘れたとき本人メールへ自動回答する。 (05.12.06)
index.html -->pass_send.prg
  第14回講座 ホームページとデーターベース連携のポイント[1] (05.12.13)
  第15回講座 ホームページとデーターベース連携のポイント[2] (05.12.20)
  第16回講座 ホームページ新着情報を自動更新するプログラムを作る。 (06.01.10)
  第17回講座 ホームページ新着情報を自動更新するプログラムを作る。 (06.01.17)
  第18回講座 ホームページ新着情報を自動更新するのポイントまとめ (06.01.24)
  第19回講座 受注から、外注・納品・入金・支払完了までの情報整理管理 (06.01.31)
  第20回講座 受注外注納品入金支払・パートナー登録プログラム (06.02.07)
  第21回講座 受注外注納品入金支払・案件受付登録フォームの作成 (06.02.14)
  第22回講座 受注外注納品入金支払・案件受付データ登録・メモフィールドの扱い (06.02.21)
  第23回講座 受注外注・案件受付一覧・データ修正・削除 (06.02.28)
  第24回講座 受注外注・案件の外注登録・修正・削除 (06.03.07)
  第25回講座 受注外注・パートナーの修正・削除 (06.03.15)
  第26回講座 受注外注・業務管理情報の並び替え (06.03.28)
  第27回講座 受注外注・業務処理リストの表示 ()
  第28回講座 受注外注・公開用のパートナー募集登録 ()
  第29回講座 受注外注・公開応募のパートナー情報のデータ登録 ()
  第30回講座 受注外注・パートナーのログインと本人確認 ()
  第31回講座 受注外注・パートナー本人による自己情報の修正 ()
  第32回講座 受注外注・パートナー本人による業務処理報告の記入 ()
  第33回講座 受注外注・指示事項の閲覧 ()
  第34回講座 受注外注・務報告の記入情報の保存と閲覧 ()
  第35回講座 受注外注・報告履歴と作業指示の内容を一覧表示 ()
  第36回講座 受注外注・案件NO 委託先NO 日付順一覧表示 ()
  第37回講座 受注外注・3種類の報告一覧を1つのプログラムで ()
  第38回講座 受注外注・指示を出すプログラム ()
  第39回講座 ホームページで商品カタログの提供 ()
  第40回講座 商品カタログページ・商品カタログを最小本数のプログラムで処理するコツ ()
  第41回講座 商品カタログページ・商品群タイトル一覧 ()
  第42回講座 商品カタログページ・商品群タイトル一覧1つのprgで全処理 ()
  第43回講座 商品カタログページ・商品群お客様用のページと削除と復活 ()
  第44回講座 商品カタログページ・商品登録と商品の表示 ()
  第45回講座 商品カタログページ・商品登録と修正削除 ()
  第46回講座 商品カタログページ・商品登録とお客様ページも合わせ1つのprgで処理 ()
 上記内容は、受講者のご要望により変更される場合があります。  講座で作ったプログラムは、受講者個人で営利目的に利用できます。
それでは講座内容事例をご覧下さい。 《入門講座第1回:ホームページから情報を入力するフォームの作成          データベースへ情報を保存する》   (使用目的は、ホームページでお客様情報を吸収し    管理ページで情報を活用することを実現させるためです。) 1.入力フォームの準備  サンプルのようなhtml入力フォームを作成してください。  サンプル・フォーム  http://www.kakenk.co.jp/arago/test/sample_form.html サンプル・フォームHTML sample_form.html ************************************************* <html> <head> <title>サンプル・フォーム</title> </head> <body>  お客様登録 サンプル・フォーム <FORM METHOD="POST" ACTION="appe.prg?"> <table> <tr><td>フリガナ</td><td><input type="text" name="dfuri" size="10">(半角カタカナ)</td></tr> <tr><td>氏名</td><td><input type="text" name="d氏名" size="20">(漢字)</td></tr> <tr><td>メールアドレス</td><td><input type="text" name="dmail" size="40"></td></tr> <tr><td>ホームページ</td><td><input type="text" name="dhp" size="50"></td></tr> <tr><td>パスワード</td><td><input type="text" name="dpw" size="12"></td></tr> <tr><td colspan="2"><input type="submit" name="BNO" value="登録"></td></tr> </table> </form> </body> </html> ************************************************* 以上の通りできあがったら sample_form.html というファイル名で保存しましょう。 フリガナ・氏名・メールアドレス・ホームページURL・パスワードを入力させますので それぞれの入力フォームを作りました。 <FORM>タグのところは以下のようになります。 <FORM METHOD="POST" ACTION="appe.prg?"> ACTION=のところが、これから作るARAGOIのプログラム名 appe.prg になります。 各項目の部分 <input type="text" name="dfuri" size="10"> <input type="text" name="d氏名" size="20"> <input type="text" name="dmail" size="40"> <input type="text" name="dhp" size="50"> <input type="text" name="dpw" size="12"> 2.データを保存するプログラムの作成 「メモ帳」等を使って、以下のサンプルのように記入して、appe.prg というファイル名で  保存しましょう。 サンプル appe.prg ************************************************* *■■aragoi初期設定■■ SET DELE ON SET DATE ANSI SET CENT ON SET LANG TO AMERICAN *■■情報の受け取り■■ dfuri = getform("dfuri") d氏名 = getform("d氏名") dmail = getform("dmail") dhp = getform("dhp") dpw = getform("dpw") *■■データベースを開き追加する■■ use 名簿 index furi,mail,no appe blank repl furi with dfuri repl 氏名 with d氏名 repl mail with dmail repl hp with dhp repl pw with dpw *■■HTMLに登録結果を書き出してみよう■■ *■■HTMLヘッダー■■ output('Content-type: text/html ') output('<html>',1) output("",1) output('<head><title>登録結果</title></head>') output('<body>') *■■登録内容表示■■ output('登録は完了しました。<br>') output('<font size="5" color="red"><b>'+氏名+'</b></font><br>') output(''+furi+'<br>') output(''+mail+'<br>') output(''+hp+'<br>') *■■<<HTMLフッター>>■■* output('</body>') output('</html>') *■■データベースを閉じる■■ use ******************************************************************* 以上の通りできあがったら appe.prg というファイル名で保存しましょう。 3.プログラムを確認する 以下の部分が一致しているか確認して下さい。 *■■情報の受け取り■■ dfuri = getform("dfuri") d氏名 = getform("d氏名") dmail = getform("dmail") dhp = getform("dhp") dpw = getform("dpw") フォームより情報を受け取る部分で、あなたの作った入力フォームの項目の 名称と一致させます。 例: フォームの氏名の項目が”d氏名”なら HTMLファイル   <input type="text" name="d氏名" size="20"> プログラム   d氏名 = getform("d氏名") となります。 すべの項目を一致させてください。 4.つぎに事前に準備したカケンサーバ内にある、「あなた専用の練習用フォルダ」に appe.prgファイルと入力フォームのsample_form.htmlファイルを   アップロードしてください。 5.入力フォームより実行させます。 http://www.kakenk.co.jp/arago/test/あなたのご利用番号/sample_form.html   氏名等を入力してボタンを押してください。   「登録は完了されました」と表示されたらOKです。 6.プログラムのポイント  1.フォームよりデータを取得する部分。   *■■情報の受け取り■■   dfuri = getform("dfuri")   d氏名 = getform("d氏名")   dmail = getform("dmail")   dhp = getform("dhp")   dpw = getform("dpw")  getformという命令を使います。   変数名 = getform("項目名")  となります。  2.データベースへの書き込み   *■■データベースを開き追加する■■   use 名簿 index furi,no,mail    データベースを開きます。   appe blan             空白のデータを追加します。   repl furi with dfuri        そこに各項目ごとに先ほど取得し   repl 氏名 with d氏名        たデータを書き込みます。   repl mail with dmail   repl hp with dhp   repl pw with dpw  各項目に書き込むにはREPLACEという命令を使います。  4文字に略しても良い repl データベースの項目名 with 変数名  となります。  登録されたかどうかの確認は次回講座で確かめていただきます。  登録された情報を一覧リストにして表示するプログラムを勉強します。
ご質問は ARAGO入門講座Q&Aへ ---------------------------------------------------------------------- 当講座の受講は ・あなたがお勤めの会社の将来を真剣に考えている方 ・ホームページ作成を業としているが、誰にもまねの出来ないビジネス用の  ページ作りをめざしたい方 ・今までにない新規のビジネスを成功させたい方 ・商店・個人事業・中小企業経営者 等の方々にお勧めです。 ---------------------------------------------------------------------- ※ARAGO 入門講座 http://www.kakenk.co.jp/arago/ ---------------------------------------------------------------------- 【発行者】  太田英輝 (株式会社カケン) 【職業】  ITアドバイザー 【活動拠点】本社:京都市下京区大宮仏光寺下ル新日勝ビル3F       FAX 020-4669-1642 【ホームページ】 http://www.kakenk.co.jp/ 【ご意見・感想】 メール  Copyright (c) 2009 太田英輝. All rights reserved.  転載・転用を禁じます。 **********************************************************************